今朝のはなまるマーケットでは、夏休みスペシャル芸能人料理王決定戦!というのをやっていました。

ぎょうざ、カレー、お好み焼き、それぞれ3人ずつで競ってたんですが、西村さんの餃子がヘルシーだったのでメモしておきます。

西村さんの餃子はお肉を使わずに、海老とはんぺんを使用。
京都風に上品で優しい水餃子でした。

はんぺんを使った具は、他の料理にもいろいろアレンジできそうでしたよ♪

その他の方のレシピを見たい方は「はなまるマーケットのホームページ」を見てくださいね。

スポンサーリンク

【材料】(4人分)

●エビ(ブラックタイガー) 中12尾
●はんぺん 1枚(110g) ●白いりゴマ 大さじ1 擂ってないもの
●アサツキ 10本 ●ゴマ油 小さじ1 ●昆布茶 小さじ1強
●餃子の皮 24枚 ●片栗粉 小さじ1 
●塩 少々 ●マヨネーズ 適量

【作り方】

1.アサツキを小口切りにしておく。

2.海老は殻を外して背ワタを取り水洗いし、片栗粉と塩をまぶして臭みを取り再度水洗いする。
 キッチンペーパーで水けを拭いて、3等分に切る。

3.フードプロセッサかハンドミキサーではんぺんをすりつぶす。

4.はんぺんに海老を加えてすりつぶす。(海老の食感が少し残る程度に)

※海老の食感をもっと残したい場合は、好みの加減に調整する。

5.ボウルにすりつぶしたはんぺんと海老、アサツキ、ゴマ、昆布茶、ごま油を入れてゴムべらで混ぜ合わせる。

6.餃子の皮に具を包む。

はんぺんが入っているため茹でると膨らむので具は少量にする。

皮の包み方
ひだを付けずに半円状に包み、両端に水を少しつけてさらに半分に折り尖った先端を少し曲げる。
出来上がりの形としては、着物の衿のようになる。お雛様みたいな形。

7.沸騰したお湯で5分程度茹でる。

8.マヨネーズをつけて食べる。

関連する記事はこちら

ページ上部に