少し前のはなまるマーケットで、熱中症予防のレシピを教えてくれたのでメモしておきます。

昼間の外の温度は40度近く上がっていて、買い物へ行って帰ったら汗びっしょり(泣
まるでアフリカ並みかってアフリカの気温調べたら、
アフリカよりアジアのほうが温度高いってどういうこと!?

普段汗をあまり汗をかかない私ですが、これだけの汗をかくということは、やっぱり今年は今までとは違うんですね。

熱中症は予防が大事っていいますから、はなまるマーケットで教えてもらったことを参考にしたいと思います。

スポンサーリンク

熱中症予防のために水分と塩分を取ったら良いと思ってたんですが、大量に汗をかいた時にはそれだけではダメだそうですよ。

大量に汗をかくと、水だけを飲んでも体が受け付けなくなるそうです。

水分、塩分のほかに、糖分も一緒にとることで水分の吸収を早めて効果的に体に溜めることができるそうです。

熱中症予防には、水分、塩分、糖分が必要なんですね。

果糖という糖分が入っているフルーツのジュースで熱中症を予防。

【材料】(2人分)

●スイカ(皮をむいた重さ) 400g
●レモン汁 小さじ1 ●天然塩 0.3~0.6g

【作り方】

1.スイカの皮をむき、適当な大きさに切る。

2.ボウルとザルを重ね合わせ、スイカをザルに入れて、手でつぶす。

※スプーンなどを使い押しつぶして果汁を絞る。

3.レモン汁と塩を入れてまぜたら出来上がり。

熱中症予防ドリンクとして、水分100mlに対して塩少々。
 塩少々は、0.1~0.2g(人差し指と親指でつまんだくらい)

スイカに塩をかけて食べるのも理に叶っていたんですね。
スイカは大好きなんですが、種が沢山あったら食べるの面倒なんですよね。このジュース今度作ってみます♪

【材料】2人分

●パイナップル 200g
●塩 0.3~0.6g ●レモン汁 適宜 ●水100ml

【作り方】

1.パイナップルの葉を持って、ぐるっとひねり、ぽきっと折って取る。

2.両端を切り落とし、縦半分に切る。

3.その後縦に半分、半分と切っていき8分の1にする。

4.皮を下に置き、皮と実の間に包丁を横向きに入れ滑らせて皮をむく。

5.ミキサーを使うので、芯を残したまま適当な大きさに切る。

6.ミキサーにパイナップル、塩、レモン汁(あれば)、水を入れて混ぜて出来上がり。

パイナップルのむき方、意外と簡単でした♪

関連する記事はこちら

ページ上部に