以前「はなまるマーケット」で「ふわふわミートソース」を教えてくれた、「一つ星イタリアンレストラン「リストランテ アロマフレスカ」の原田シェフが、またまたはなまる登場でスタジオ生クッキングしてました。(6月11日放送)

旬のトマトを使った「フレッシュトマトの万能ソース」を教えてくれました♪

奥田シェフのトマトソースもシンプルでしたが、原田シェフも「シンプルが一番いいと思います」って言ってました♪

教えてくれた下のレシピ以外にもなんでも使えるということで、オムレツにかけたり、ただ焼いただけのイサキのソースにしたり(魚はなんでもいいそうです)万能トマトソースです。

今回はトマトソースのパスタを2つ教えてくれましたが、どちらも簡単でおいしそう♪
ミニトマトとフレッシュハーブのパスタは湯むきなし、和えるだけで超簡単なんで早速作ってみたいと思います。

スポンサーリンク

簡単ソースなのに湯むきするの!?って思いましたが(笑)
湯むきさえすれば、後はミキサーでガーってまぜるだけなんで超簡単でした♪

【材料】(作りやすい分量)

●フルーツトマト 3個
●オリーブ油 大さじ3
●粒マスタード 小さじ2分の1
●レモン 6分の1
●塩 適量

【作り方】

1.トマトの皮を湯むきする。

※20秒ほどでお湯から取り出して氷水につけて皮をむく。

2.ミキサーにかけてソース状にしたらボウルに移す。

3.オリーブオイル、粒マスタード、レモン汁、塩を加えてまぜる。

【材料】

●フレッシュトマトソース
●カツオのお刺身
●おろしタマネギ
●しょう油
●パセリ
●オリーブ油 適量
●お好みのハーブ(セルフィーユ、ディルなど)

【作り方】

1.お皿にフレッシュトマトソースを敷く。

※シェフは、真ん中にソースをまるく敷いて、その上にカツオを乗せ、周りにソースを線状に垂らして美しく盛ってました。

2.ソースの上にカツオのお刺身を並べ、カツオ一つずつの上におろし玉ねぎにしょう油をまぜたものを乗せてハーブをちらし、オリーブオイルを回しかける。

【材料】(1人分)

●フレッシュトマトソース 大さじ3
●カペリーニ 30g
●トマト 2分の1個
●バジル 適量
●塩 少々
●オリーブ油 少々

【作り方】

1.カッペリーニを茹でて冷水でしめ、しっかりと水けをとる。

※キッチンペーパーで抑えてしっかり水けをとる。

2.ボウルにカッペリーニと、フレッシュトマトソースを加えて和える。

3.湯むきしてザク切りにしたトマト、塩、オリーブオイルを加えて和える。

4.フォークでくるくる巻きにして盛り付け、バジルをちらして出来上がり。

【材料】(2人分)

●スパゲッティ 160g
●ミニトマト 10個
●ニンニクのみじん切り 1片 (面倒な時はつぶすだけでもスライスでもいいそうです)
●赤唐辛子 1本
●ハーブ 各適量(イタリアンパセリ、バジル、ディル)
●オリーブ油 大さじ3
●パルジャミーノ(粉チーズ) 適量
●塩 適宜

【作り方】

1.半分に切ったミニトマト、手でちぎったハーブをボウルに入れておく。

※ハーブは柔らかい葉の部分だけを使う。

2.フライパンにオリーブオイル、にんにくのみじん切り、赤唐辛子まるごと1本を入れ、弱火で2~3分加熱する。

※同時にパスタも茹でておく。

3.ニンニクが色づくくらい炒めたら、茶こしなどでこして、トマトとハーブの上にまわしかける。

4.パスタが茹であがったら、ボウルに入れてしっかり混ぜ合わせ、塩で味を調える。

※ホームページには塩は書いてなかったんですが、シェフが使っていたので書いてます。

5.パルミジャーノチーズをかけて出来上がり。

今回はぜーんぶ簡単でおいしそうだったので私でもおいしく出来そうです♪

ちなみに、奥田シェフのトマトソースパスタを

ホール缶じゃなくて、完熟の生トマトと、厚切りのベーコンで作ったんですが、簡単ですっごくおいしかったです♪

私がトマトソースを作るときは酸味が出てしまって、他の調味料を使って味を工夫したりしてたんですが、塩だけなのにお店のトマトソースみたいに出来ました♪

関連する記事はこちら

ページ上部に