少し前に栗原はるみさんのバーニャカウダを作りました。

クリーム系のバーニャカウダおいしかったです♪
それとよく似たレシピがあったのでメモしておきます。

栗原さんは牛乳を使ってなかったんですが、こちらは牛乳を使ってました。そして、にんにくの量がものすごく多いんです。こちらのレシピ。

いったんレンジで加熱することでニンニクの臭みと辛みが抜けるそうです。
フライパン使わず、火にかけないから簡単で楽なので、一度チャレンジしてみたいと思ってます。

スポンサーリンク

キューピー3分クッキング5月1日放送の「クリーム バーニャ カウダ」です。

藤井恵先生のレシピです。

【ソースの材料】エネルギー310kcal 塩分1.6g

●にんにく 6かけ
●水 2分の1カップ
●牛乳 大さじ3
●アンチョビ フィレ 1缶(固形量30g)
●生クリーム 200ml
●塩 小さじ3分の1
●こしょう 少々

【作り方】

1.ニンニクの皮をむき、縦半分に切って芯を取る。

2.大きめのボウルに入れて、水と牛乳を加えレンジ(500W)で8分加熱する。

※ラップをせずに加熱する。

※臭いを抑えて、にんにく独特の辛みが抜けるそうです。

3.にんにくをフードプロセッサでしっかりとかくはんし、アンチョビ、生クリームを少し加えて再びかくはんする。

4.残りの生クリーム、塩、こしょうを加え軽くかくはんする。

※かくはんしすぎるとモロモロになるので注意をする。

※出来上がりは、ふわふわのクリーム状。

5.ソースを2つの器に取り分ける。

6.1つは耐熱皿に入れて、レンジで加熱するとサラサラの温かいソースになる。

サラサラのソースとふわふわのソースの二種類楽しめるバーニャカウダソースでした♪

お野菜は、ジャガイモやニンジン、カブ。魚介に海老を使っていました。
カブは生のまま。
ジャガイモ、ニンジン、海老は同じ鍋に一緒に入れて、3分ほどしたら海老を取り出して、他のお野菜に竹串が通るまで蒸してました。

関連する記事はこちら

ページ上部に