今日の「モーニングバード プロ技キッチン」は、東京都中央区、創業1931年の老舗洋食屋さん
たいめいけん」の行列のできるオムライスでした♪

創業以来変わらないお店の味を、3代目のオーナーシェフ、茂出木浩司さんが教えてくれました。

82年間愛され続けたオムライスって楽しみ~。

昔ながらのシンプルなオムライスですが、スタジオの出演者みな絶賛していました~♪

材料も作り方もシンプルで簡単なんですが、ところどころにポイントがあって、しっかり教え通りに作ったら家庭でもプロの味間違いなしに作れそうでした♪

ふわとろに卵を包むのも、フライパンの返し方にポイントがあり、モデギ返し(笑)を教えてくれました。

簡単なんですが、こちらは動画があったほうが分かりやすいと思ったので、探してみたら、茂出木さんのフライパンさばきの動画がありました~♪

モーニングバードのではありませんが、フライパンの使い方だけこちらを参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

【材料】(二人分)

●ご飯 200g(茶碗2杯) ●卵 6個 ●玉ねぎ 2分の1個 ●ハム 2枚
●トマトケチャップ 60g ●バター 大さじ4 ●塩 適量 ●コショウ 適量

【作り方】

1.玉ねぎをみじん切り、ハムを小口切りにする。

※玉ねぎは小さめにみじん切りにする。(ご飯のじゃまにならないようにとのことでした)

2.フライパンにバター大さじ1を入れて、焦げないように溶かし、玉ねぎを中火で4~5分炒める。

※きつね色になるまでじっくりと炒める。

3.ハムを加えさっと炒め、さらにケチャップを加えて炒める。

※ご飯にケチャップをかけず、ケチャップを先に入れて炒めるのがポイント!
こうすることで、ケチャップの酸味が甘味に変わり、味がまろやかになるそうです。

4.ご飯、塩、コショウを入れて中火で炒める。

※少し硬めに炊いているご飯を使うそうです。
冷やごはんの場合は電子レンジで温めてから使うと混ぜやすいそうです。

炒めすぎるとねばりが出ておいしくなくなるので短時間で炒めるのがポイント。

5.ホイッパーで卵をよく混ぜ合わせ、塩コショウ少々入れる。(一人分卵3個)

※卵は菜箸ではなく、ホイッパーで空気を入れながら1分ほどよく混ぜることで、焼いたときにふんわりと仕上がり、色もよくなる。

6.フライパンを熱し、バター大さじ1を溶かし、強火で卵を炒める。

※強火にするのがポイントで、フライパンを前後に揺らしながら、菜箸で真ん中に寄せ、外側から内側にかき混ぜる。
とろとろの半熟状態になったら一度火を止める。

7.ご飯を真ん中に入れ、再び強火にして卵を包んでいく。

※手前の卵をご飯のほうに寄せて、フライパンを上下に上げ下げし、取っ手の部分をトントンと叩きながら返していく。

8.皿に盛りつけて、ケチャップをかけて出来上がり。

この時上にかけるケチャップが今回のマイボトルでした。

【材料】(二人分)

●トマトケチャップ 70g ●ウスターソース 10グラム ●マスタード 小さじ1

卵さえうまく出来れば、味付けは絶対に誰でもおいしく出来そうでしたよ。

その卵が難しいのだという方が多いと思いますが、20㎝くらいの小さめのフライパンが使いやすいそうです。

以下に、茂出木さんのフライパンさばきの動画を貼っておきますので参考にしてくださいね。

関連する記事はこちら

    関連する記事は見当たりません…

ページ上部に