かなり前の放送ですが、「男子ごはん」で大好きなかつおを使ったレシピがあったのでメモしておきます。

初夏がかつおの旬ということで、4月28日放送だったんですが、今頃やっと更新(苦笑

かつおのごまだれサラダ」がすっごくおいしそうで、ごはんにのせて丼にしたいな~と思って録画してました。

お茶漬けにしてもおいしいんだって。鯛茶漬けとかすごく好きで、これも作ってみたいな。次は9月の戻りカツオかなって思ってたら、母がかつおのタタキが安いから食べる?って電話してきました(笑)

それと、さやえんどうと鶏肉の味噌炒めもおいしそうだったのでメモしておきます。

スポンサーリンク

【材料】(2人分)

●カツオ 300g
●みりん、しょうゆ 各大さじ2 ●白ねりごま 大さじ1
●万能ねぎ(小口切り)、刻みのり、白すりごま、わさび 各適量

【お茶漬け用だしの材料】

●だし汁 300cc ●酒 大さじ1 ●塩 小さじ2分の1

【作り方】

1.しょうゆ、みりん、白ねりごまをボウルに入れてまぜる。

2.カツオを7㎜の厚さに切る。

※カツオは7㎜ほどの厚さにすることでゴマダレがよく絡んで味が入りやすくなる。
 厚すぎると味が入らず、薄すぎると塩分がききすぎて水分が抜けておいしくなくなる。

3.ゴマダレにカツオを入れて和え、ラップをして冷蔵庫で15~30分なじませる。

4.お皿に盛りつけてネギと刻みのりをちらして出来上がり。

【材料】(2人分)

●鶏もも肉 250g ●さやえんどう 1袋
●にんにくのみじん切り 1片 ●赤唐辛子小口切り 1本分
●サラダ油、砂糖 各大さじ2分の1 ●酒、みそ、みりん 各大さじ1
●しょうゆ 小さじ2 ●塩、黒こしょう 各適量

【作り方】

1.さやえんどうはスジを取って下ゆでしておく。(沸騰したお湯に塩を入れて20秒ほど茹でる)

※甘みが増して鶏肉と同時に火が通りやすくなるそうです。

2.鶏肉を食べやすい大きさに切る。

3.砂糖、みりん、酒、みそ、しょうゆを混ぜておく。

4.鶏肉に塩、黒こしょうで下味をつけて炒める。

5.こんがり焼き色がついて8分くらい火が通ったところで、にんにくのみじん切り、赤唐辛子の小口切りを加えて炒める。

6.香りが出たら、さやえんどうを加えて炒める。

7.油がまわったら、合わせた調味料を入れて炒め合わせる。

タグ:

関連する記事はこちら

ページ上部に