昨日の記事、超低カロリーでおいしい「ダイエットレシピ」~はなまるマーケットで紹介!の続きです。

昨日はおいしくてカロリー半分のダイエットハンバーグでしたが、今日は美肌レシピです♪

アンチエイジングレストラン Rire(リール)」の堀知佐子シェフが教えてくれた、
美肌になるレシピをメモしておきます。

お手軽な材料で簡単にできるので、今度作ってみたいです。

堀知佐子先生とはどんな人?っていう人のために。

→私も知らなかったんですが、女性誌で特集を組まれるほど人気のアンチエイジング料理のスペシャリストらしいですよ。

管理栄養士、調理師、食生活アドバイザーの資格を持っていて、
アンチエイジングカフェ「リール」の経営以外にも、今日料亭「菊乃井」の惣菜メニューの開発も行っているそうです。

では、今日のメニューは
若返る!ヨーグルトサラダと●手羽先のプルーン煮です♪

スポンサーリンク

堀先生いわく、アンチエイジングには、食材の組み合わせにポイントがあるそうです。

堀先生が教えてくれる魔法の食材組み合わせ方程式とは

かぼちゃやパプリカなどに含まれるビタミンC×ヨーグルトなどのタンパク質を組み合わせるんですって。

ビタミンC×タンパク質=コラーゲンの合成を高めるのだそうです。

【材料】(2人分)

●かぼちゃ 80g 
●赤パプリカ 8分の1個 ●黄パプリカ 8分の1個 ●ピーマン 2分の1個

【ドレッシング材料】(2人分)

●ヨーグルト 70g ●塩 少々 ● ショウガ汁 小さじ2 ●オリーブ油 小さじ2
●レーズン 少々 ●クランベリー(ドライ) 適宜 ●クコの実 適宜

【作り方】

1.かぼちゃにラップをかけて電子レンジ(600W)で約5分加熱する。

2.柔らかくなったら食べやすい大きさに切る。

3.パプリカは皮のほうを強火で2分30秒ほど焼き、水につけて皮をむき、一口大に切る。

4.ピーマンも食べやすい大きさに切る。

5.ヨーグルトに塩、ショウガ汁、オリーブ油を入れて混ぜ、レーズン、お好みでクランベリー、クコの実を入れて野菜と混ぜる。

アンチエイジングのポイント!

※カラフルな野菜は、フィトケミカルという非常に抗酸化作用が高くアンチエイジングに大事な成分が多く含まれる。

※ドライフルーツは、抗酸化作用が高いポリフェノールが多く砂糖の代わりにも使える。

【材料】(2人分)

●手羽先 6本 ●玉ねぎ 2分の1個 ●ドライプルーン 4個
●水 適量 ●酢 50cc ●しょう油 大さじ2
●赤パプリカ 8分の1個 ●黄パプリカ 8分の1個 ●ピーマン 2分の1個

【作り方】

1.油の敷いていないフライパンに手羽先を皮目から並べて焼く。

※弱火でじっくりと8分ほど火を通し、返して2分焼く。
※両面にしっかりと焼き色がついたら取り出す。

2.フライパンの油を軽くふいて、玉ねぎ、手羽を入れ、半分に切って種を出したプルーンを入れる。

3.全体がかぶるくらいの水を入れ、強火にかけてお酢を入れる。

4.沸騰したら中火にして、おしょう油を入れ、水分がなくなるまで約10分煮る。

5.火を止める直前に細く切ったパプリカを入れる。

※ビタミンCは熱に弱いので火を止める直前に入れるのがポイント。

アンチエイジングレストラン Rire(リール)

東京都港区三田5-2-18 三田ハウス104

TEL:03-5730-0457

メニューは、
コラーゲンいっぱい美肌メニュー ●健脳で血液さらさらメニュー
錆びない体を作るメニューなどに分類されています。

お店で人気なのは「豚肉と大豆のプルーン煮」1260円
潤い美肌強化コース 3675円など。

関連する記事はこちら

ページ上部に