今朝の「あさイチ」の玉ねぎレシピの続きです。

イタリアンのシェフ、マリオさんが教えてくれた
新たまねぎのミルフィーユ」は簡単ですがすごーくおいしそうで、パーティ料理にもなりそうでした♪

生ハムとか、モッツァレラチーズ、アンチョビなど使うので若い人は絶対好きそう♪

一度作ってみたいのでメモしておきます♪

あっ、私は若くないですけどね(笑)

スポンサーリンク

【材料】(2人分)

●新たまねぎ 2個 
●モッツァレラチーズ 140g
※(なければスライスチーズでもいいそうですが、モッツァレラのほうがおいしい~って言ってました)
●生ハム 4~5枚 ●バジルの葉 4~5枚 ●エクストラバージンオリーブ油 大さじ3

【ソースの材料】

●にんにくのみじん切り 2分の1かけ分 ●アンチョビ(フィレ) 1枚
●白ワイン 50ml ●ミニトマト 15個
※真っ赤ですごくおいしそうなミニトマトを使っていたのでトマトで味が変わりそうな気がしましたよ。

【仕上げ用】

●バジルの葉 適量 ●エクストラバージンオリーブ油 適量

【作り方】

1.モッツァレラチーズは玉ねぎの間に挟めるよう薄くスライス。
 ミニトマトは4等分に切っておく。

2.新たまねぎを縦半分に切り、1枚ずつはがしてチーズと生ハムを敷き、その上に玉ねぎを乗せチーズと生ハムと交互にのせていく。

3.同様に、もう一つの玉ねぎはチーズとバジルを交互にのせていく。

4.具と重ねた玉ねぎを少し押してバラバラにならないようにして、つまようじで刺して、3等分に斜めに切る。

5.フライパンにオリーブ油を大さじ3を入れ、強火にして玉ねぎを並べていく。

6.表面に香ばしい焼き色がついたら裏返して同様に焼く。

7.玉ねぎを焼いているフライパンに、ニンニク、アンチョビ、白ワインを加え、アンチョビをつぶしながら1分ほどアルコールを飛ばしてソースを作る。

※白ワインを入れるときに炎があがることがあるので注意する。

8.ミニトマトを加えて30秒ほど煮詰める。

9.お皿に玉ねぎを並べ、ソースをかけてバジルで飾りる。

10.最後にオリーブオイルを少々たらして出来上がり。

関連する記事はこちら

ページ上部に